#amazon(4774142239)
 

リンク

インストール

Apache 2.0.54 + OpenSSL 0.9.8の場合

% patch -p1 < ../httpd-2.0.54-openssl-0.9.8.patch
% ./configure                          \
        --prefix=/usr/local/apache2    \
        --sysconfdir=/etc/httpd        \
        --enable-ssl                   \
        --enable-dav                   \
        --enable-so                    \
        --disable-userdir              \
        --with-ssl=/usr/local/openssl
% make
# make install
オプション説明
--prefix=<dir>インストールパス
--sysconfdir=<dir>設定ファイルパス
--enable-sslSSL対応
--enable-davWebDAV対応
--enable-soDSO(Dynamic Shared Object)対応
--disable-userdirUserDir非対応
--with-ssl=<dir>OpenSSLインストールパス

設定

共通設定

Listen [ip-addr:]port

User, Group

ServerName HOST:PORT

UseCanonicalName On|Off|Dns

DocumentRoot PATH

HostnameLookups On|Off

TimeOut

KeepAliveTimeout

MaxKeepAliveRequests

対象の指定

<Directory path>

<Files path/file>

<Location path>

設定

Options

説明
AllMultiViews以外を全て許可する(デフォルト)
ExecCGICGIスクリプトの実行を許可する
FollowSymLinksシンボリックリンクを辿れる様にする
IncludesSSIを許可する
IndexesDirectoryIndexで指定したファイルがない場合に、ファイルインデックスを出力する

AllowOverride

説明
All.htaccessを許可する(デフォルト)
AuthConfig認証に関する設定のみ許可する
None.htaccessを許可しない

Order

説明
Deny,AllowDeny→Allowの順に評価する(デフォルトで許可)
Allow,DenyAllow→Denyの順に評価する(デフォルトで拒否)

特定のアクセスを拒否する

<Directory path>
        Order Deny,Allow
        Allow from 192.168.0.101
</Directory>

特定のアクセスを許可する

<Directory path>
        Order Allow,Deny
        Allow from 192.168.0.0/24
</Directory>

VirtualHostの設定

NameVirtualHost

<VirtualHost >

SSLの設定

秘密鍵(RSA PRIVATE KEY)を作成

秘密鍵の暗号化を解除

# openssl rsa -in server.key -out server.key
Enter pass phrase for server.key: passwdenter.png
writing RSA key

CSR(CERTIFICATE REQUEST)を作成

自己証明書(CERTIFICATE)を作成

# openssl x509 -req  -days 365 -in server.csr -out ../ssl.crt/server.crt \
-signkey server.keyenter.png
Signature ok
subject=/C=JP/ST=Tokyo/L=Suginami/O=Number Nine Dream/CN=www.6996.jp/emailAddres
s=number9<atmark>dream.plala.or.jp
Getting Private key

ログ

LogFormat

フォーマット意味説明
%hhostリモート ホスト
%l
%vvirtualhostリクエストを受けた ServerName
%uuserユーザ名
%ttimeリクエストを受けた時刻
%Ttimeリクエストを返すのにかかった処理時間 (sec)
%Dリクエストを返すのにかかった処理時間 (micro sec)
%rrequestリクエストの最初の行
%sstatusレスポンス コード (リダイレクトされた場合は、リダイレクト前)
%>sstatusレスポンス コード (リダイレクトされた場合は、リダイレクト後)
%bbyteレスポンスのサイズ (byte)
%{header}iヘッダーの内容 (Referer、User-Agent など)

TransferLog

CustomLog


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-13 (水) 03:30:39