アクションの記録

ドロップレット

  1. アクションの記録で自動処理させたい処理を記録、保存まで行う。(書き出しは記録されない)
  2. 「ファイル」→「自動処理」→「ドロップレットを作成」を選択
  3. 「ドロップレットを保存」
    1. 「選択」をクリックし、ドロップレットを保存する場所とファイル名を指定する。
  4. 「実行」
    1. セット、アクションから予め記録したアクションを選択する。
    2. 「開くコマンドを無視」にチェックを入れる。
  5. 「実行後」
    1. 「保存して閉じる」を選択し、「別名で保存コマンドを省略」にチェックを入れる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-15 (木) 01:17:31