#amazon(4798122459) #amazon(479812236X)
 
 

構成要素

CPU

メモリ

メモリ利用の効率化

  1. ページ共有
    • 同一内容のページを一つにまとめる
  2. 仮想マシンレベルのスワップ アウト
    • VMkernel が仮想マシンにスワップ アウトを要求する (バルーニング メカニズム)
    • 仮想マシン上の vmmemctl ドライバ (VMware Tools) で行う
  3. メモリの圧縮
    • メモリ上のデータを圧縮することで、占有量を減らす
    • 圧縮によるパフォーマンス低下は、スワップ アウトによるディスク I/O よりも少ない
  4. VMkernel レベルのスワップ アウト
    • 仮想メモリを vm-name.vswp にスワップアウトする
    • パフォーマンス低下が大きいため、ここまで行かないように設計する必要がある

ディスク

プロビジョニング ポリシー

ディスク モード

NIC

ファイル構成

ファイル名用途説明
vm-name.vmx構成ファイル構成やハードウェア情報が含まれる
vm-name.vswpスワップ ファイル仮想マシンが起動するとスワップ ファイルとして作成される
割り当てられたメモリ サイズ - 予約されたメモリ サイズのファイルが出来る
vm-name.nvramBIOS ファイル
vmware-n.logログ ファイル常に 6 つ保持される
vm-name.vmdk仮想ディスクの管理ファイルデータストア ブラウザでは実体として見える
vm-name-flat.vmdk仮想ディスクの実体データストア ブラウザでは見えない
vm-name_n.vmdk仮想ディスクの管理ファイルディスクが複数ある場合
vm-name_n-flat.vmdk仮想ディスクの実体
vm-name.vmsnサスペンド状態ファイル
vm-name.vmtxテンプレート構成ファイルテンプレートに変換すると vmx と置き換わる
vm-name-rdm.vmdkRDM ファイルRAW デバイスへのマッピング ファイル
vm-name.vmsdスナップショット データベース (テキスト ファイル)
スナップショット マネージャが読み込む

仮想マシンの作成

仮想マシンの削除

ディスク

ディスクの追加/削除

ディスクの容量変更

シン プロビジョニング ディスクの未使用領域の回収

Windows のゼロ クリア

  1. デフラグを掛け、ディスクの末尾に空き領域を寄せる
  2. [[SDelete>]] で空き領域をゼロで埋める
    C:\> sdelete -z c:
    

Redhat Enterprise Linux のゼロ クリア

クローンとテンプレート

クローン

テンプレート

  1. 仮想マシンからテンプレートを作成
    • 作成の場合はディスクのプロビジョニング方式を選択できる
    • オンラインでも可能
  2. 仮想マシンをテンプレートに変換
    • vm-name.vmx を vm-name.vmtx にリネームするだけなので一瞬で終わる
    • オフラインにする必要がある

ゲスト OS のカスタマイズ

モード

VMware Tools

  1. SVGA ディスプレイ ドライバ
  2. vmxnet ドライバ
  3. メモリ コントロール ドライバ (バルーン機能を提供)
  4. ESXi との時刻同期 (使い物にならない)

インストール (Linux)

 
 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-08 (水) 18:10:16